鮮魚屋の松葉ガニが選ばれる理由 - 松葉ガニ・セコガニ専門店「鮮魚屋」

鮮魚屋
ホームページへ

マルワフーズ渡辺水産

●ゴールデンウィーク期間中の営業案内(○--営業、×--休業)
4/28 29 30 5/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
× × × × × × ×
※5月2日(水)、午後以降はすべての商品のご注文受付ができなくなります(5月6日午前中まで)
※5月6日(日)、ご注文受付開始。※ほたるいかキャンペーン・干物セットは除く
※5月7日(月)、干物セット等のご注文受付開始※ほたるいかキャンペーンは入荷状況を考慮して再開します。
天候・交通状況等により、ご希望の日時にお届けできない場合があります。あらかじめご了承ください。

鮮魚屋の松葉ガニが選ばれる理由

「鮮魚屋のカニでなければ!」という食通は数多い。本物のカニを選び抜く、私たちの取り組みをご紹介します。

理由11つの港で1番のものより、複数の港で1番のものを選ぶこだわり

山陰にある8つの港をカバー

山陰にある8つの港をカバー

私たちは、境港・賀露港・網代港・田後港・浜坂港・香住港・柴山港・津居山港等、県内外の複数の漁港のカニをセリの現場に立ち、各港の状況を見て仕入れています。

これだけの選択肢を持つことで、漁港を限定して仕入れている店とは異なり、仕入れる鮮魚の品質を格段に上げることができ、また、安定した仕入れを可能にしています。

圧倒的な取り扱いボリュームがもたらす価格メリット

圧倒的な取り扱いボリュームがもたらす価格メリット

おかげさまで、昨年(2011年)の取扱いボリュームは鮮魚屋全体で60トンを超えます。

<内訳>
松葉がにの昨年の取扱いボリューム(20トン)
セコガニ(親がに)の昨年の取扱いボリューム(30トン)
若松葉がにの昨年の取扱いボリューム(10トン)

これだけのボリュームを扱うことで、当然大きな価格メリットを打ち出すことができます。私たちは、一人でも多くのお客様に喜んでいただくために取扱量を上げる努力を日々続けています。

理由2他業者を介入させない「自社工場一貫生産」のこだわり

一貫生産により低価格・高品質を実現。

買い付けから加工、販売まで一貫した生産体制をとっております。仕入の匠によって各港より競り落とされた松葉ガニは、直ちに車に積まれ、自社工場へ運ばれます。新鮮なうちに茹の匠によって加工され、直売の店頭に並べられると、販売の匠によってお客様に販売されるのです。全国の卸売業者へもその日のうちに自社便で配送されます。この様にそれぞれの匠によって、一貫した生産体制がとられている為、お客様に常に安定した品質のものをお届けすることが可能となってます。また、全て自社で行っているため、中間マージンが削減されることにより、低価格を実現しています。

認定工場による徹底した衛生管理を実現

当局の許可を受けた自社工場で、厳しい衛生管理のもと、カニを加工しています。
業者の中には、「漁船直送」などを謳い、不認可の調理場で加工されたものを販売している業者もありますので、ご注意ください。

工場がもつ機能の強み

各漁港から持ち帰った大量のカニを加工するため、工場内には整然と加工ラインが出来上がります。時には可動式のベルトコンベアでラインとラインをつなぎ、1分1秒でも早く出荷できるようにするのです。

家庭では実現しがたい茹ガニの旨味は、匠の技術は言うまでもなく、工場の大釜で大量に茹で上げるからこそなのです。

港から2分!鮮度の秘密は、好立地にあり。

鳥取港(賀露港)から2分という好立地に工場があるため、松葉がにの鮮度を損なうことなく、最高の状態で加工することが出来ます。加工されたカニは、その日のうちに出荷されます。

理由3お客様の満足度を肌で感じられる「直売店」運営のこだわり

自社工場の横には、直売店を併設しています。工場で加工されたカニが、すぐ店頭に並べられます。そんな店頭で、毎日お客様と顔を合わせている店長が、知識と経験から、どのような商品がお客様に喜ばれるのかを日夜考え、製品造りに取り組んでいます。

お客様のニーズを直に感じることのできる実店舗のある環境が鮮魚屋松葉ガニ・セコガニ専門店の強みでもあります。

理由4鮮魚屋を支える匠の心意気

仕入れの匠たち

松葉ガニ・セコガニ専門店「鮮魚屋」には、それぞれの道の匠がいます。
仕入れから販売まで、徹底した管理体制による一貫生産を貫くことにより、よりよい商品を皆様にお届けすることが出来ます。

社長 渡辺 敏孝

セリ歴20年が培った研ぎ澄まされた選眼。
鮮魚屋のボス

社長
渡辺 敏孝
匠暦 20年
経歴 普通高校卒業後、大阪の一般企業に就職する。家業の水産会社に従事するために帰郷。以来、仕入の匠として経験を積む。
特徴 スタッフからの信頼も厚い、鮮魚屋のボス。松葉ガニの町、兵庫県浜坂で生まれ、海と松葉がにが身近にある環境で育った弊社社長。競りを続けて20年という長年の経験から培った《鋭い選眼》と《研ぎ澄まされた勘》で本物だけを仕入れます。
部長代理兼工場長 山本 誉雄

潮の流れを読む男。鮮魚屋のイーグル

部長代理兼工場長
山本 誉雄
匠暦 14年
経歴 地元の水産高校、某国立水産系大学を卒業後、弊社入社。以来仕入の匠として日夜奮闘中。
特徴 狙った獲物は逃がさない!多才な知識だけでなく、長年の経験により潮の流れで魚のあがる港が分かる部長代理。競り場では、厳しい眼孔がキラリと光ります。2012年日本さかな検定(とと検)2級合格。
社長 渡辺 敏孝

食のプロも脱帽。
ボイルのファンタジスタ

部長
田中 陽治郎
匠暦 20年
経歴 高校卒業後、自衛隊入隊。任期満了後弊社入社。以来、茹の匠としてあらゆる茹で方を探求しております。
特徴 とことんこだわる!まさに鮮魚屋の“ボイルのファンタジスタ”鮮魚屋松葉がに・セコガニ専門店には浜茹の達人がいます。松葉がにを扱い続けて20年。重さ、身の詰まり具合、生育年数など様々な要素を考慮して大量のお湯で茹で上げる松葉がには、有名料理店など《食のプロ》も唸らせる極上の茹で加減です。
店長 塩川 慎二

芸人顔負けの話術。
鮮魚屋のエンターテイナー直売店の名物店長

店長
塩川 慎二
匠暦 15年
経歴 水産高校卒業後、一部上場企業の子会社に就職するが、大やけど、交通事故などの災難に遭う。
復活するが、人生に大輪の花を咲かせたいと弊社入社。以来、販売の匠として誰からも愛される存在に。
特徴 魚のことならお任せ下さい!地元の水産高校で学んだ店長が、その知識と経験、また、日々お客様と接することでどのような商品がお客様に喜ばれるのかを日夜考え、製品造りに取り組んでいます。お客様を楽しませる芸人顔負けの巧みな話術も鮮魚屋直売店の名物となっております。2011年日本さかな検定(とと検)2級合格。

理由5日本全国、厳しい目を持つ、お客様からの信頼

プロの料理人からの評判

某旅館料理長

鮮魚屋さんとの付き合いは約5年です。

味・身の詰まりはもちろん、見た目にも美しい間違いないものを揃えてもらえるので、信頼しています。

某居酒屋料理長

急な予約が入った時でも、快く対応していただけるので、大変助かっております。主に電話でのやり取りになりますが、カニの状況を丁寧に説明してくださり、メニューを考える参考にもしています。

某料亭店主

うちが欲しい物をよく分かってくれていて、入荷したときは連絡がある。

本当に心強い。 これからも末永く付き合っていきたい。

過去にご購入していただいたお客様からの評判

2010/12/08 K様
しっかりとした品質のいいカニでした。新鮮でみそもたっぷり!家族みんな大満足。梱包がきれいで、調理にとりかかり易くて助かっています。
2011/02/07 M様
香箱蟹を食べたかった!近所の鮮魚店ではなかなか手に入らず、また、価格も高いので、良い買い物ができたと思っています。
2010/10/29 O様
解禁前のキャンペーンで10月の始めにセコガニを買いましたが、たいへん美味しかったので再度購入しました。解禁前にいただけるなんて幸せです。お酒がすすみます。
注文を受けてから配送までがどこよりも早いのに驚きました。冷凍商品の包装も確実です。

すべてはお客様のため・・・お客様満足度No.1を目指して。“お客様に喜んでいただくことが私達の喜びです”これが創業当時からのポリシーです。

「安心・安全・満足」をモットーに、「良い食材を新鮮なままに、出来るだけ安く提供したい」「出来るだけ多くの方に喜んで頂きたい」その様な願いから、常に研究と実験を繰り返して参りました。鮮魚屋松葉ガニ・セコガニ専門店は創業以来、この変わらない努力を続けています。

例えば、独自の仕入ルートの開拓、新しい流通の仕組みの構築、販売システムの見直し、経費の削減、加工方法の改善などの努力と、一歩先を見据える先見性によって、私たちは社会の変化や消費者のニーズを的確にキャッチ。これまでの“業界の既成概念”を変えてゆく勇気で、あらゆる方向から顧客満足度を追求し続けます。

変わらない努力、変えてゆく勇気。この2つの企業姿勢こそが鮮魚流通業界のパイオニアとなり得たチカラの源であり、これからの鮮魚屋松葉ガニ専門店を更に発展・飛躍させる源でもあると確信しています。

他の商品を探す