「活・生親ガニの捌き方(カニ汁・カニ飯等用)」カニの捌き方 - 松葉ガニ・セコガニ専門店「鮮魚屋」

鮮魚屋
ホームページへ

マルワフーズ渡辺水産

※コロナウイルス感染拡大の影響により、北海道へのお届けは、下記の通りになります。
お届け日数:3日、お取り扱い:常温、冷凍便(冷蔵便のお取り扱いは、一旦停止となります。ご注意下さい。)

※天候・交通状況等により、ご希望の日時にお届けできない場合があります。あらかじめご了承ください。

松葉ガニのレシピ(調理法)基本的な食べ方から、趣向を凝らしたお料理レシピまでご紹介

活・生親ガニの捌き方(カニ汁・カニ飯等用)

親ガニでしか味わえないこの味!
短冊切りにした大根を入れたカニ汁や、プチプチとした外子の食感、カニの旨味が凝縮されたお出汁でつくるカニ飯は、鳥取の冬の味覚です。ご家庭でもチャレンジしてみませんか?
生の親ガニを、カニ汁やカニ飯にする場合の捌き方の一例をご紹介します。

準備するもの

まな板、包丁、軍手

部位の紹介

recipe_053.jpg


手順

親ガニ全体をタワシで水洗いし、汚れを落とします。

まな板の上に、親カニを仰向けの状態で置き、刃先が滑らないよう前かけ(フンドシ)の真ん中に包丁を突き刺すように入れます。
前かけ(フンドシ)部分を押さえると内子が出てしまうので、脚の部分を持って支えます。
ゆっくりと下側まで切ったら上下をまわし真ん中から口側へも切り進めます。

腹側が切れたら裏返し、甲羅側を切ります。
腹側と同じように真ん中から下側へと口側へ分けて切るようにします。

半分にしたらカニの内子やカニ味噌をこぼさないように気をつけながら、甲羅を手で外していきます。

甲羅を外した部分にエラ(ひだ)がありますので、手で取るか、包丁を使って取り除きます。
カニ汁にする場合はこれで完了です。 →カニ汁レシピへ

カニ飯にする場合はカブ、脚はすべてブツ切りにします。→カニ飯レシピへ

コツ・ポイントコツ・ポイント

※安全のために軍手をはめて行って下さい。
セラミック包丁などは欠ける場合がありますので、使わないようにしましょう。

ご購入者様の感想

セコガニ (親ガニ)

20171129 T・N様(愛知県)
お買い物のテーマ:去年他で 購入(冷凍)それでも美味しかったので 今年も 案内メ

松葉ガニ

20181210 I・M様(滋賀県)
お買い物のテーマ:お買い得なグルメ商品レビュー:立派なタグ付きのカニが格安でいた

若松葉ガニ

110224 I・T様
おいしそうなので注文しました。食べやすく、おいしかったです。

一押しキャンペーン&おすすめ

他の商品を探す